【有吉の壁】江戸の人選手権のロケ地はどこ?ワープステーション江戸が撮影場所|まにまにLIFE
バラエティ

【有吉の壁】江戸の人選手権のロケ地はどこ?ワープステーション江戸が撮影場所

2021年5月12日放送の「有吉の壁 一般人の壁を越えろ!」

「おもしろ江戸の人選手権」の舞台は、江戸の町並みとなります。

本格的な江戸の町並みですが、撮影場所はどこなのでしょうか?

ロケ地について詳しく調査しました。

【江戸の人選手権】ロケ地はワープステーション江戸

2021年5月21日放送の「有吉の壁」おもしろ江戸の人選手権の撮影場所はこちら

ワープステーション江戸

ワープステーション江戸は、NHKエンタープライズが運営管理する商用撮影施設です。

茨城県つくばみらい市の5.5ヘクタールの広い敷地に江戸の町並みが再現されています。

その他にも明治、昭和と様々な年代の背景がそろっていて実際の撮影にも使われています。

2020年3月31日までは一般公開されていましたが、それ以降は商用のみの利用となっています。

 

【ワープステーション江戸】場所はこちら

東京からは車で一時間の場所にあります。

【ワープステーション江戸】セットがすごい

「ワープステーション江戸」は2000年にテーマパークとして開演しました。

当初の名前は「歴史公園ワープステーション江戸」。

セットが本格的で凄いのですが、わずか2年後に8億円の赤字で経営破綻しています。

(画像引用:ワープステーション江戸公式HP)

しかし映画やドラマの撮影地として使われる事で、施設が無駄にならず良かったですね。

江戸の町並み

(画像引用:ワープステーション江戸公式HP)

江戸時代の町並みはこんな感じかな、とイメージ出来ます。

明治時代も

こちらは2018年につくられたエリアになります。

明治時代のレトロな町並みも素敵ですね。

すごくお金がかかってそう、とか思ってしまいますね。

実際の作品はこちら

実際に、ワープステーション江戸で撮影された作品はこちら

  • NHKドラマ「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「とと姉ちゃん」「いだてん」「エール」
  • 民放ドラマ「人形佐七捕物帳」「信長協奏曲」「天皇の料理番」「仁」
  • 映画「銀魂」「曇天に笑う」「るろうに剣心」「永遠の0」

など、数え上げるとキリがありませんが、かなり使用頻度は高そうです。

【動画】ワープステーション江戸の一般公開の様子はこちら

ワープステーション江戸が一般公開された時の映像になります。

町並みの様子がわかると思います。

本格的な町並みですごいですね。

まとめ

2021年5月12日放送の「有吉の壁」

「一般人の壁を越えろ!おもしろ江戸の人選手権」の撮影場所はワープステーション江戸です。

一般公開されていないのが、残念ですね。