【衝撃】いしのようこの実家の家族構成が複雑!異母姉妹の噂の真相を調査|まにまにLIFE
人物

【衝撃】いしのようこの実家の家族構成が複雑!異母姉妹の噂の真相を調査

いくつになっても可愛さを失わない素敵な女性、いしのようこさん。

7歳年上のお姉さんの石野真子さんも、いくつになっても可愛らしい方ですよね。

しかしお二人のご実家はとても複雑な事情があり、異母妹では?などの噂があります。

石野真子いしのようこ姉妹の実家について、実母と継母の噂についてを調べてみました。

 

【いしのようこ】実母と継母の噂について

まず、石野家には2人の母がいるという噂があるので、順を追って検証していきます。

【いしのようこ】実家の家業と家族

石野真子さん、陽子さんお二人の実家は神戸市芦屋伊勢町にあり、ご両親と一緒に暮らしていました。

父親の良雄さん、母親の文子さん、三姉妹の5人家族です。

 

7歳づつ年が離れている姉妹なので、真子さん17歳、陽子さん10歳、敦子さん3歳頃で、後ろの方がお母様の文子さんでしょうか。

父親の良雄さんは皮革製品の会社を経営していて、当時大流行していたビーズバッグを制作していたのは有名な話です。

真子さんの門限が4時半で陽子さんの門限は4時だったそうですが、真子さん曰く

門限はお家の手伝いをさせるため、私を稼業の戦力と見てたから

(ニッポン放送)

との事で、ビーズの細かな作業をお手伝いされていたそうです。

母:石野文子さんと石野弘子さん

まず結論を言ってしまうと、以下の噂が出ているようです。

  • いしのようこさんと石野真子さんの母親=石野弘子さん
  • 三女の敦子さんの母親=石野文子さん

つまり、三姉妹は異母姉妹と言われているわけですね。

そんな噂が広がった理由はコチラです。

三姉妹が異母姉妹と言われる理由とは?

当時「家族対抗歌合戦」という番組があり、一家揃って出場した際。

三姉妹の年齢が離れていたり、お母さんの文子さんがお若い

そのため一部のマスコミが「文子さんは継母」といった趣旨の報道をしたという情報があります。

それが噂の出処だと思われ、昔の事情を知る人やファンの間では「石野弘子さんが実母」というのが定説となっていたり、wikiにもそう書いてあります。

石野弘子さんが実母であるか?はわからない

しかし、当時の報道内容がどれだけ確証のあるものだったのかについては資料が見つからず、確認ができませんでした。

離婚された石野弘子さんが、何故今も石野姓なのかも不思議ですし。

この画像を見る限り「腹違い」だというには真子さんと、三女の敦子さんの顔立ちがそっくりすぎるような気がします。

真子さんも、継母疑惑については

全部同じ親です

と答えていたそうなのですが・・・?

しかし、どちらにしても仲良し姉妹の写真からは、良雄さんと文子さんが良好な家庭を築いていた事が伺えますね。

石野弘子さんのプロフィール

1970 :クチュールJARDIN設立
1972 :パリ留学(立体裁断他)
1980 :NHK今日のレポート”神宮モードを今に”日本の美
ショー形式で放映される
1985: 夢舞ブランド設立
1998: NDKデザイン賞他受賞多数有
現在 :日本デザイン文化協会(NDK理事)理事

石野弘子さんのブランド夢舞HPより)

【いしのようこ】両親が離婚

そんな仲良し三姉妹が暮らしていた石野家ですが、真子さんが芸能界デビューした後、文子さん良雄さん離婚してしまいます。

しかもその後、母の文子さんは真子さんのマネージャー「小口健二」氏と再婚しています。

プライベートでは2度の結婚・離婚に実家の焼失、さらに母親と担当マネジャーの再婚など穏やかならざる日々が続いたが、35周年を迎えた今、再びアイドル時代と同じように各地のファンのもとを記念ツアーで訪れている。

(2013年アサ芸プラスより引用)

この事は真子さんや敦子さんはもちろんですが、小学~中学生にかけての多感な年頃だった陽子さんにとって、相当なショックであり辛い出来事だったのではないでしょうか?

【いしのようこ】母:文子さんの離婚の原因

「あなたは歌手に向いている」

と、いつも真子さんを応援し、励ましていた母の文子さん。

デビュー後も、まだ高校生だった真子さんに付き添って一緒に上京されていました。

多忙な真子さんを学校まで車で迎えに行き仕事に連れて行ったというマネージャーとの接点は多かったでしょうし、自然と親密になったと想像されます。

【いしのようこ】母:文子さんの再婚相手とは

では文子さんの再婚相手である「小口健二」氏とはどんな方なのでしょうか?

石野真子さんはデビュー当時、芸能界最大手と言われる芸能プロダクション「バーニング」に所属しており、小口健二氏はバーニングの凄腕マネージャーと呼ばれる人物でした。

小口健二氏の来歴はコチラ

大学卒業後にバーニングプロダクションに入社。 そして郷ひろみをジャニーズ事務所から引き抜いてマネージメントした。 1982年に独立し、フロム・ファーストプロダクションを設立。本木雅弘、竹中直人、高岡早紀、北村一輝ら多くの俳優、タレントを育てた。2007年11月29日、糖尿病のため59歳で死去。多数のタレントを抱える情深い社長として知られていた。

Wikipediaより

小口健二氏がフロムファーストを設立した時は34歳。

59歳で若くして亡くなりましたが、その後は2020年現在に至るまで小口文子さんが社長を努めています。

【石野真子】芸能界引退と復帰

真子さんは、1978年にデビューして3年後の1981年に長渕剛さんとの結婚を気に芸能界を引退してしまいます。

アイドルとして絶好調だった時期にもったいない、と素人の私ですら思うので、所属事務所の「バーニング」は面白くなかったのではないでしょうか?

しかも、わずか2年後1983年には長渕剛のDVが原因で離婚してしまいます。

そして離婚と同時に芸能界に復帰しているのですが、この時の所属事務所が小口健二氏が1982年に設立した「フロムファースト」になります。

真子さんが芸能界に復帰するにあたり、「バーニング」からは色々と条件が出されたようですが「フロムファースト」そして小口文子さんが真子さん復帰の大きな後ろ盾になった事は間違いなさそうです。

略称:フロム・ファースト

設立:1982年

事業内容:芸能事務所

代表者代表取締役 :小口文子

主要子会社:株式会社メンズアート

      株式会社レディバード

      株式会社ACE OF HEARTS

関係する人物:小口健二(初代社長)

(Wikipediaより2020年現在)

【いしのようこ】歌手デビュー

石野陽子さんも1985年に「フロムファースト」所属で歌手デビューされています。

お姉さんと同じ17歳の時ですね。

しかし、所属事務所は「フロムファースト」を離れ、2020年現在は「グランドスラム」所属になってます。

事務所を移籍する、というのはかなりエネルギーがいる事だと思うのですが「フロムファースト」に居たくない理由があったと考えても良いかもしれないですね。

お母さんが離婚して再婚という形で出来た事務所ですし。

三女【石野敦子】芸能界デビュー

敦子さんも「フロムファースト」所属でデビューされています。

後に「宝乃純」(たからのじゅん)という芸名になりましたが、現在は活動されていないようです。

写真集を出されていますが、大人になった敦子さんは真子さんやようこさんとは雰囲気がかなり違うように思います。

まとめ

石野弘子さんについては、はっきりとした証拠がなかったのですが、文子さんが離婚し、マネージャーと再婚された事実については確認できました。

いしのようこさんは2020年現在、結婚はせず、パートナーとは事実婚という形を貫いていますが、

「結婚に夢見てない」「子供も欲しくない」

そんな価値観を持っても不思議ではない体験をされたのではないでしょうか?

それでも、お二人の穏やかな微笑みには人を癒やす力があると思いますし、強い方だなと思わずにいられません。