東京パラリンピックのかわいい女子選手ランキングTOP7!画像とプロフィールまとめ|まにまにLIFE
パラリンピック

東京パラリンピックのかわいい女子選手ランキングTOP7!画像とプロフィールまとめ

2021年8月24日に開幕する東京パラリンピック。

障害のある方の大会ですが、実はかわいい選手もたくさん参加します。

パラリピックに参加するかわいい選手をまとめてご紹介していきます。

【パラリンピック】かわいい女子選手7名はこちら

パラリンピックにはかわいい女子選手がたくさん参加します。

そのうちの7名を代表でご紹介します。

  1. 中西麻耶(陸上)
  2. 古川佳奈美(卓球)
  3. 豊田まみこ(バドミントン)
  4. 田中愛美(車いすテニス)
  5. 藤井美穂(自転車)
  6. 財満いずみ(車いすバスケ)
  7. 宇津木美都(競泳平泳ぎ)

ナンバリングしてありますが、特に順位はありません。

それでは中西麻耶さんから順番にご紹介していきます。

中西麻耶(陸上)

名前:中西麻耶(なかにしまや)

生年月日:1985年6月3日(36歳:2021)

出身地:大分県由布市

所属:阪急交通社

中西麻耶さんは2006年、塗装工として働いていた21歳の時に、作業中の事故で重さ5トンの鉄骨が崩れた事により、右脚が押しつぶされました。

ソフトテニスの選手として国体を目指していた中西麻耶さんは、早く復帰するために足を切断することを自ら選んだそうです。

2012年には、競技資金が足りなかったため、カレンダーを制作。

義足の購入資金などに使われましたが、何故かバッシングされてしまったみたいです。

とてもカッコいい方ですね。

古川佳奈美(卓球)

名前:古川佳奈美(ふるかわかなみ)

生年月日:1997年7月27日(24歳:2021)

出身地:福岡県福岡市

身長体重:162cm/48kg

所属:博多卓球クラブ

古川佳奈美さんは、知的障がい、学習障がい、広汎性発達障がいがあります。

すごくかわいいですね。

古川佳奈美さんは障害の性質上、コミュニケーション面での苦労が絶えないという事です。

しかしファッションとメイクが趣味だとの事で、とても楽しそうですし笑顔がチャーミングですね。

豊田まみこ(バドミントン)

名前:豊田まみこ

生年月日: 1992年4月11日 (年齢 29歳)

出身地:福岡県福岡市

身長:164cm

所属:ヨネックス

豊田まみ子さんは、左肘から先がない状態で誕生されました。

バドミントンを始めたのは小学4年の時で、母親の影響だという事です。

中学までは健常者と対等にプレーしていましたが、高校からパラバドミントンに転向しました。

笑顔がとても素敵ですね。

田中愛美(車いすテニス)

名前:田中愛美

生年月日:1996年6月10日

出身地:埼玉県所沢市

所属:ブリヂストンスポーツアリーナ

田中愛美さんは、高校1年の冬にマンションの階段で転落し腰の骨を骨折。

同時にせき髄を損傷下肢にマヒが残りました。

中学時代からテニスをしていた田中愛美さんは、4ヶ月の入院を経て、車いすテニスでプレーヤーとして競技に復帰しました。

支えてくれた先生や周りの方に恩返しをしたい、という思いでパラリンピックを目指しました。

藤井美穂(自転車)

名前:藤井美穂(ふじいみほ)

生年月日:1994/10/31

出身地:茨城県

所属:楽天ソシオビジネス

藤井美穂さんの双子のお姉さんはお母さんの胎内で亡くなり、その影響で藤井美穂さんは右足が壊死した状態で帝王切開で誕生しました。

体重1キロ未満の29週での誕生だったため、生後10日に体重が1キロを超えた時点で右足を付け根部分から切断、命をとりとめました。

藤井美穂さんは、特に困ったことなんてないのだそうです。

私、右足がないだけですから

と笑顔が絶えない藤井美穂さん。

パラリンピックを意識したのは小学5年生の時、自転車競技との出会いは2014年です。

財満いずみ(車いすバスケ)

名前:財満いずみ(ざいまいずみ)

生年月日:1996年12月4日

出身地:山口県 防府市

所属:日本国土開発/SCRATCH

財満いずみさんは、生まれつき背骨が曲がる脊椎側弯症のため、手術を受けた事が原因で下半身麻痺となり小学6年で車いす生活になりました。

笑顔が素敵ですね。

重度の障害のあるクラスで競技に参加します。

宇津木美都(競泳平泳ぎ)

名前:宇津木美都(うつぎみくに)

生年月日:2003年1月29日

出身地:京都市

所属:大阪体育大学 教育学部

宇津木美都さんは、生まれた時から右腕のひじから先がありません。

水泳を始めたのは3歳。

小学生と時は、陸上長距離走に取り組み、脚力を鍛えました。

パラ競泳を始めたのは中学からです。

世界で活躍できる選手になりたいと語っています。

まとめ

障害があることで、かわいそうと思われがちなパラリンピックですが、目標をもって一生懸命な姿はキラキラしてみえます。

周りのサポートがあってこそだとは思いますが、皆さん笑顔がとても素敵だと感じます。