【衝撃】古賀稔彦の死因はがん!?若すぎる!早すぎるし信じられない!惜しむ声多数|まにまにLIFE
未分類

【衝撃】古賀稔彦の死因はがん!?若すぎる!早すぎるし信じられない!惜しむ声多数

2021年の3月24日に古賀稔彦氏が53歳という若さで自宅で亡くなっているのが発見されました。

古賀稔彦氏はがんの治療を受けていたという事です。

オリンピックで活躍した柔道家の突然に訃報にSNSではショックの声が多くよせられています。

【古賀稔彦】死因はがん?

古賀稔彦氏は2020年からがんを患っており、夏に手術を受け快方に向かっていたという事ですが、今年に入って腹水がたまるなど、急激に症状が悪化したという事です。

2020年の3月にはTVのバラエティ番組にも出演されていましたし、とてもお元気そうだったので、信じられません。

死因は明らかにされていないようですが、がんの治療をされていて、腹水がたまって悪化、という事は死因はやはりがんだと考えられます。

かなり進行が早かったのかもしれませんね。

【古賀稔彦】バルセロナオリンピックで金メダル

まだまだご活躍して頂きたかったのに、大変残念です。

古賀稔彦氏はオリンピックに3大会連続で出場。

バルセロナオリンピックでは、金メダルを獲得。

この時、実は直前の練習で左ひざのじん帯損傷の大けがを負っていたという古賀稔彦氏。

平成の三四郎と呼ばれるなど、鮮やかな背負投げも人気でした。

まだ53歳だというのに若すぎます。

【早すぎる死】まだ若いのに残念の声多数

SNSでも古賀稔彦氏の訃報にショックの声が広がっています。

 

大変残念です。

まとめ

人はいつか亡くなるのですが、やはり、まだ53歳というのが残念です。

若すぎる死が信じられませんが、古賀稔彦氏の残した実績や勇姿は人々の心の中からは消えないと信じます。