【V6】解散理由は2つ?!森田剛が退所するから?年齢も原因?!急でショック|まにまにLIFE
未分類

【V6】解散理由は2つ?!森田剛が退所するから?年齢も原因?!急でショック

ジャニーズ事務所の人気グループ「V6」の森田剛が2021年の秋に退所するという報道がありました。

森田剛さんは2020年11月にはV6のメンバーに退所の意向を打ち明けていたそう。

また「V6」も2021年11月1日のデビュー25周年目の記念日に解散するという事です。

V6の解散理由について調べました。

【V6】デビュー25週年目で解散

1995年に「バレーボールワールドカップ」のイメージキャラクターとして結成されたV6。

メンバーは「トニセン」「カミセン」の2つのユニットからなる6名。

坂本昌行(49)、長野博(48)、井ノ原快彦(44)「トニセン」

森田剛(42)、三宅健(41)、岡田准一(40)「カミセン」

1995年11月1日にデビューし、2021年11月1日に解散します。

【V6】解散理由は2つ?

V6の解散理由は2つ考えられます。

  1. メンバー全員が40代以上
  2. 森田剛氏が退所する

という事が主な原因と思われます。

V6解散理由1:森田剛の退所?

森田剛さんは以前から役者業に専念したいという強い思いがあったそうです。

森田剛:退所の動機は舞台俳優志望?

キッカケは2010年に舞台「血は立ったまま眠っている」に出演した事。

この時に演出家としてタッグを組んだ蜷川幸雄氏が森田剛さんを大絶賛したそうです。

森田君はピュアだし、真面目だし、芯があって、声も枯れないから…。1言えば100になって返ってくる

この頃から、森田剛さんは舞台俳優に専念したいという思いがあったようです。

確かに、世界の蜷川幸雄に絶賛される才能があるなら挑戦したいと思うのは当然なのかもしれません。

しかし、それはジャーニーズ事務所に所属していてはムリな事だったようですね。

森田剛:退所は宮沢りえが後押し?

森田剛さんは2018年3月に宮沢りえさんと結婚されています。

ジャニーズ退所という思い切った決断を後押ししたのは宮沢りえさん、との報道も。

いつかは舞台役者を、という思いがあっても、V6を抜けてジャニーズ退所というのは相当な決断で踏み切れないのも事実。

誰かが背中を押してくれて、という事なのかもしれません。

V6解散理由2:メンバーの年齢?

もう一つの解散理由として考えられるのはメンバーの年齢です。

  • 坂本昌行(49)
  • 長野博(48)
  • 井ノ原快彦(44)
  • 森田剛(42)
  • 三宅健(41)
  • 岡田准一(40)

いくつになってもジャニーズとしてのかっこよさは健在ですが、一人で活動しても良い年齢なのではないでしょうか。

それぞれやりたいことは違うのかもしれませんし。

グループで活動するという事は寂しいですが、いつかはこんな日を迎えるのは仕方ない事なのかもしれません。

しかし、25年も愛されてきたグループですので、ショックや寂しさはひとしおです。

V6解散発表:事務所全文はこちら

これまで26年に及ぶ活動を温かく見守り、応援してくださったファンの皆様、そして、叱咤激励とともにご支援くださった関係者の皆様に、心より御礼申し上げます。

 ジャニーのもとに集い、V6として共に歩むこととなりました6人は、1995年11月1日にCDデビューいたしました。それ以来、地道に日々を積み重ね、人生の半分以上をV6として過ごしてきた結果、昨年、デビュー25周年を迎えることができました。配信LIVEという形ではございましたが、ファンの皆様と同じ時間を共有し、感謝の気持ちを自分たちのパフォーマンスとそれぞれの言葉でお伝えできたことがメンバー自身、何より嬉しく、その思いを6人で噛み締めながら立つことができたステージとなりました。

 今回、解散という結論に至りましたが、これは6人がV6のメンバーであることを誇りに思い、一人の人間として、これからの人生に対して前向きに決断した結果でございます。

 2019年春頃より、デビュー25周年に向けて、6人で話し合う機会が増えました。ファンの皆様と共に過ごす時間について真剣に向き合うことにより、グループとしての活動に加えて、個人の人生についても率直に気持ちを伝え合う機会となりました。6人にとって、メンバー全員が40歳を迎えて向き合うV6の節目は、人生そのものと向き合うことを意味しておりました。そして、森田より「これからの人生、ジャニーズ事務所を離れた環境で役者としてチャレンジしたい」という発言があり、5人はその思いを受け止め、以降、何度も本音で話し合い、全員で今回の結論を導き出しました。確かに、森田の発言がきっかけではあるものの、5人も年齢を重ねるにつれて、今後の人生について考える機会が増えていたことは事実でございます。だからこそ、皆、森田の気持ちを素直に受け入れることができ、尊重しようという思いで一致いたしました。最終的には、メンバー自身、自分たちが追求してきたエンターテイメントに納得することができたため、より一層の成長を考えたときに、次のステップに挑戦したいという気持ちが芽生えたこと、そして「この6人でなければV6ではない」という思いが6人の中で一貫していたことから決断することができました。人生において、このような出会いや経験に恵まれることは感謝すべきことだと、メンバー自身が理解しているからこそ得ることができた達成感や充実感であると感じております。

 2021年11月1日以降、森田剛は、ジャニーズ事務所を退所し、新たな道を歩むこととなりました。坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、三宅健、岡田准一は、引き続きジャニーズ事務所に所属し、個人で活動してまいります。

 以上を踏まえて、V6 のグループ内ユニット 20th Century は存続することとし、Coming CenturyはV6の解散をもちまして、活動を終了いたします。

 これから歩む道は異なりますが、それぞれの場所で一人の男性として成長することができますよう、精進してまいります。

 改めまして、ファンの皆様並びに関係者の皆様には、これまで V6を支えていただきましたことに、心より感謝申し上げます。

2021年11月1日まで心を込めて皆様への感謝の気持ちをお届けしてまいりますので、引き続き、V6 をよろしくお願い申し上げます。

 そして、新たな道を歩む決断をしました6人を、これからも変わらず応援していただけますと幸いに存じます。 2021年3月12日 株式会社ジャニーズ事務所

SNSの声

やはりショックで気持ちがついていかないという声が多いようで一部ご紹介します。

 

 

まとめ

25年間見守ってきたファンにとっては残念ですし、急な発表で驚きますが、メンバー全員の次のステップが更に素晴らしいものになるよう、応援していきたいですね。