【画像】坂口健太郎の赤ちゃん時代がかわいい!子供の頃のエピソードも!写真|まにまにLIFE
俳優

【画像】坂口健太郎の赤ちゃん時代がかわいい!子供の頃のエピソードも!写真

映画やTVドラマで活躍中の人気俳優、坂口健太郎さん。

優しい笑顔からは人柄の良さも感じられます。

小さい頃はどんな子供だったのか、なんでも知りたくなってしまいますね。

坂口健太郎さんの赤ちゃん時代や、小さい頃のエピソードをまとめました。

【坂口健太郎】赤ちゃん時代の画像はこちら

 

お母様が撮影されたのでしょうか?

こんな頃が一番かわいいですね。

【坂口健太郎】幼少時の画像はこちら

少し成長した坂口健太郎さんはこちら。

こちらも坂口健太郎さんがツイッターにUPされたものです。

この視線の先にはお母さんがいらっしゃるのでしょうか?

もう役者の雰囲気がありますね。

坂口健太郎さんのお母さんは小さい劇団に入っていて、大変な読書家だったそうです。

この本の〇〇が健ちゃんに似てるよ

と頻繁に言ってくるので、本を読む時に自然と自分を投影するようになったそう。

役者さんになったのはお母さんの影響が結構大きいのかもしれませんね。

【坂口健太郎】小さい頃のエピソード

こちらは5歳の頃の画像になります。

保育園の頃のエピソードはこちら

  • 保育園の演芸会では桃太郎や猿やキジより、鬼をやりたかった。
  • 三匹の子豚ではオオカミをやりたかった。
  • 両親の留守中に床にパンダの絵を描いたら褒められた。
  • 保育園の徒競走で、ゴール後にもう一週した。

(プラスアクトインタビューより)

など、のびのびと育っていたようです。

「クレヨンしんちゃんみたいな子」

とも言われていたそう。

目に浮かぶようですね。

まとめ

小さい頃から役者の風格が感じられる坂口健太郎さん。

昔の写真を見ると大切に育てられたのがわかります。

優しい雰囲気も魅力な坂口健太郎さんですが、原点に触れる事で距離が近くなるような気がします。