【田村正和】遺産総額はいくら?総資産がヤバい!愛車や自宅が豪邸すぎる!画像|まにまにLIFE
俳優

【田村正和】遺産総額はいくら?総資産がヤバい!愛車や自宅が豪邸すぎる!画像

2021年4月3日に心不全で亡くなった俳優の田村正和さん。

お元気だった頃の事を思うと、訃報が信じられません。

映画俳優の坂東妻三郎さんの3男として誕生した田村正和さんですが、資産はどの程度おありだったのでしょうか?

豪邸といわれるご自宅や、おしゃれな愛車も調査しました。

【田村正和】遺産総額はいくら?

遺産総額を知るためには、ご自宅の場所や所有物などが気になりますね。

住んでいる場所によって土地のお値段も違うと思いますし、預貯金などと違って一番わかりやすい目安になると思われます。

田村正和さんのご自宅は豪邸で、愛車もスゴイとの事ですので確認していきましょう。

【田村正和】自宅が豪邸でヤバい

田村正和さんの自宅は世田谷区成城4だと言われています。

情報によると、26年前に建てられた平屋の豪邸総工費は7億円とも言われています。

また、報道によると敷地内には母屋離れがあるのだそうです。

田村正和さんの自宅だと言われている画像はコチラ

(画像引用:https://katsuq.com/img/2019010612325726a.png/)

さすが高級住宅地にあるだけあって、上品な佇まいですね。

報道によると、敷地内母屋離れがあり家族とは別々に生活していたそうです。

家族とは別々に生活し、食事も1人で取っていたという。

ともに食事をするのは年に1度、ニューヨーク旅行の時に限られた

(2021年5月19日:スポニチより)

【田村正和】自宅の場所はコチラ

成城4丁目の場所はコチラ

成城4丁目の坪単価の相場は130万円以上のようです。(2021年)

【田村正和】愛車はこちら

ベントレーコンチネンタルR

田村正和さんの愛車はベントレーコンチネンタルRと言われています。

お値段の相場はコチラ

  • 新車で3900万円
  • 中古車で500万円程度~

四角いデザインが人気の高級車です。

コルベット・スティングレイはこちら

その他にも、コルベット・スティングレイに乗っていたという情報も。

お値段の相場はコチラ

  • 新車で1000万~1400万円
  • 中古車で85万~2700万円

コルベット・スティングレイの画像はコチラ

目撃情報はコチラ

それでは総資産はどれくらいになるのでしょうか?

【田村正和】総資産は?

愛車に関しては維持するのもお金がかかりますし、ずっと所有されているのかは不明なので自宅だけで推測してみましょう。

成城4丁目で一戸建ての住宅を購入する場合、3億円は必要だと考えられます。

ですので、最低ラインは3億円と考えて土地代や住宅代など合わせると、それ以上だと考えるのが妥当でしょう。

一説では20億とも言われていますが、推測でしかありません。

【田村正和】遺産の内訳と相続人は?

遺産の内訳ですが、自宅の土地や預貯金などになると思われます。

相続人はまず配偶者

  1. 子供
  2. 兄弟

の順だと言われています。

まずは奥様が相続されると思われます。

次は娘さんなのでしょうか。

ご兄弟はお兄さんと弟さんがいらっしゃいます。

【田村正和】生まれも育ちもスゴイ!

田村正和さんは歌舞伎や映画俳優の坂東妻三郎の3男として生まれ裕福な家庭で育ちました。

坂東妻三郎さんの画像はコチラ

現在の東映太秦映画村は坂東妻三郎さんが設立した「坂東妻三郎プロダクション」の跡地です。

自宅は嵯峨野で、敷地が1000坪以上。

川が流れており「とんでもなくデカい家」だったそうです。

テニスコートも2面あり、近所の子供と運動会を開催する事も。

中学生の頃は祇園で「ぼん」とかわいがられ、家には常に映画関係者が出入りしていたそうです。

田村正和さんは4人兄弟の3男なので、これらの遺産をどの程度相続されたのかはわかりませんが、一般人とは明らかに育ちが違うのがわかります。

まとめ

広く愛されプライベートを話すことは好まなかった田村正和さん。

「静かに亡くなりたい」と語っていたとも言います。

ダンディな生き方は、ファンの心のなかにいつまでも生き続けていくのではないでしょうか。

【画像】田村正和の若い頃がイケメンすぎる!年代別にドラマを紹介田村正和さんが、2021年4月3日に亡くなっていた事がわかりました。 死因は心不全で77歳でした。 イケメン俳優として活躍された頃の...
【田村正和】追悼番組の放送はいつ?関連番組をまとめて紹介!リクエストの声も2021年4月3日、俳優の田村正和さんが、東京港区の病院で心不全の為死去されました。 「パパはニュースキャスター」や「古畑任三郎」など...